マネーボールの内容を暴露!

マネーボールを観た方の本音・・・!

球団の状況に緊迫感が無い。

セイバーメトリクスの具体的な説明を入れたり等して主力3選手に代わる補強選手の紹介が欲しかった。

単に出塁率が高い様なセリフしか記憶にない。

比較すると「メジャーリーグ」の方が単純で面白い。

チョイ役の故フィリップ・シーモア・ホフマンは存在感がある。

野球好き必見

グランド上で繰り広げられる攻防ではなく、選手の引き抜き・トレード・チーム方針など、裏方達の汗と涙の戦いが魅力満点です。

野球好きとしては堪らない。

チームが低迷すると監督やフロント批判をついしてしまいますが・・・、こういった努力があると思い知らされます。

野球をよく知らない方には、専門用語が出てきたりでチンプンカンプンなシーンがあるかと思います。

でも、これをきっかけに野球に興味を持ってくれたなら嬉しいものです。

オーナーによってどんなチームにしたいのか、どう勝ちたいのか、何が足りないのか、十人十色な所も面白いですし、彼らの緻密な戦略をぜひ楽しんでもらいたいです。

ノムさん曰く、野球は頭のスポーツ。
その通りだと思います。

相変わらずブラピはカッコイいい
周囲の反対を信念で押し切り成功させるサクセスストーリーも、みていて気持ちいい。
引用元:https://www.yahoo.co.jp

わりと辛辣なコメントもちらほら・・・って感じでしょうか。
ただマネーボールは、好きな人はドハマリすると思います。

朗報:マネーボールを無料視聴するなら!

良いニュースがあります。
こちらでマネーボールを無料動画として観ることができました!
まだ終わってないといいですけど・・・
マネーボールの動画配信サービス専門サイト

マネーボールについて触れたコンテンツ

マネーボールは賛否両論ありますけど、まぁ7:3で評価の高い声が多いですね。
マネーボール関連のwebページへ飛ぶ!

個人的にオススメする他の作品!

マネーボールに興味あるなら、こんなのどうですか?

■進撃の巨人 season2

現在まだ6話までしか進んでいませんが早速急展開を迎えました。

ライナーとベルトルトが超大型巨人と鎧の巨人の正体であったことが判明し、これから巨人化したエレンと戦闘を繰り広げるという所で終わってます。

次週がとてつもなく楽しみで仕方ありません。

ライナーとベルトルトが敵なのか味方なのかはわかりません。

しかしこの二人が巨人として調査兵団の一員になれるなら戦力は爆発的に上がると思います。

できることならライナーとベルトルトは味方であってほしいと思っています。

そしてユミルの存在にも引っかかる節は多々ありますしライナーとベルトルトが人類を滅ぼすつもりだったのをエレンを連れて故郷に帰る事でそれをしなくても良くなると言っていたこと。

第6話は謎が多く残された回でした。

ユミルがまだ生きている事や調査兵団104期生の中に王族の隠し子が居てる事。

アニが未だに氷漬けのままな事、そして謎の獣の巨人の正体などなど様々な伏線を残して終わってる現状。

これはこの先の展開に期待を抱かざるを得ません。

マネーボールの動画配信サービス専門サイト

さてと、では「マネーボール」の紹介と感想でした!
そろそろ眠いです、ありがとうござんした~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする