トレインスポッティングの評価まとめ

トレインスポッティングを観た人の感想

刹那的な生き方をする人物を描いた映画は他にもあるけど、画面のスピード感や登場人物のダメダメ感はスゴい。

座薬を探すシーンは、現実は最悪なのに主人公の脳内(?)では海に潜ってる映像になってるのは、さすがな表現。そして笑えた。

映画自体が尖ってて、とても印象に残る映画。

最後の派手な喧嘩は主人公が仲間を見捨てる決断の背中を押したんだと思う。

個人的には汚物と喧嘩を趣味にしてる友人が受け付けない。

みんなの高評価するほどとても面白いとは思えなかった。

ドラッグやってドラッグやってドラッグやる映画という印象。

便器の中が海になってるとこと天井を赤ちゃんがハイハイしてるとこがなんとなく笑えた。

T2という続編がやりそうなのでいちおその後どうなったのか見てみたい

サブカル臭い映画で、とても好みだった。

セックス、薬、金、友情、お終い。

ずるずる引っ張らずスパッと終わらせたところが寂しいけど好感を持った。

欲望のまま生きるのもカッコいいかもて雑念がね。

しっかりその後1人でしたけどさ。翌晩2を劇場で観るのが楽しみになった。
引用元:https://www.yahoo.co.jp

なんだかソソりますね・・・!ゴクリ

トレインスポッティングをまだ観てない方はこちらへ

「まだトレインスポッティングを観れてない!」
という方は、こちらをチェックしてみると良いですよ~
今なら無料ですぐにみれるはずです(終わってたらスミマセン汗)
トレインスポッティングの動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

トレインスポッティングの気になる関連記事をピックアップ!

この記事なんかどうでしょ?
読んでいて興味深い気持ちになりました!
ついでにどうぞ。
トレインスポッティングの関連記事はこちら

トレインスポッティングのほかにオススメな作品

■化物語

「化物語」この作品は西尾維新が書いた短編集を載っけた結果、爆発的人気が出てシリーズものになりアニメ化した作品です。

今回はアニメ版の化物語の見解を述べていきたいと思います。

この著者である西尾維新の作品は全ての作品で言えるのは表現の難しさです、

小説ならでは想像で進めていくので正解が解らないことが多いと思います。

しかし、監督の新房 昭之はものの見事にこの難解をクリアして視聴者みんながなる程これは凄い作品だ!と一話にして感じ取ることができる程でした。

また、声優として今では不思議でもなくなりましたが斎藤千和さんを今まででは考えられないキャラとして抜擢すると、それがまた神懸かり的に何故今まで使ってこなかったのか不思議なくらいピッタシだったのです。

これほど一話でのめり込むアニメもないと思うので是非とも一話でいいので見てもらいたいです。

トレインスポッティングの動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

ではでは、トレインスポッティングの感想とほかのオススメ作品の紹介でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする