無料動画「フィッシュマン」の涙の評価まとめ

フィッシュマンの涙を観た人の感想

韓国のミニ系マイナー

ただ娯楽としては笑えないしその他アクションやヒューマニズム作品としてもあまりにも漫画っぽい所詮マイナーな作品

かぶりもの映画

2014年に「フランク」という、かぶりものでは秀逸な映画があったので、それと似たような内容かと思いきや、笑えるものでもなく、感動するでもない中途半端感で一杯になった

いい意味で思っていたのと違う!裏切られた!

ストーリー自体はよくある設定。

しかし、人間が魚男(フィッシュマン)になるというこの斜め上な設定。

韓国だけに限らない国・企業・学歴・貧困・雇用の問題等が描かれており、登場人物の20-30代の人には特に響くのではないか。

そしてこんな斜め上な設定なのに、途中からフィッシュマンが愛おしくも感じてしまう。

悪は何なのか。正義とは何なのか。
そしてフィッシュマンの選ぶ道とは。

フィッシュマンという斜め上な設定だが正統な社会派ドラマ。
引用元:https://www.yahoo.co.jp

なんだかソソりますね・・・!ゴクリ

フィッシュマンの涙をまだ観てない方はこちらへ

「まだフィッシュマンの涙を観れてない!」
という方は、こちらをチェックしてみると良いですよ~
今なら無料ですぐにみれるはずです(終わってたらスミマセン汗)
フィッシュマンの涙の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

フィッシュマンの涙の気になる関連記事をピックアップ!

この記事なんかどうでしょ?
読んでいて興味深い気持ちになりました!
ついでにどうぞ。
フィッシュマンの涙の関連記事はこちら

フィッシュマンの涙のほかにオススメな作品

■美女と野獣

エマ・ワトソンがベルを演じると聞いた時から、あまりにイメージ通りで上映をとても楽しみにしていました。

好きで何度も観たアニメーションをそのままに実写化されていたので、あらゆるシーンでアニメーションが頭の中に浮かんできて、視界から入る映像と頭の中にある記憶の映像が重なりあって今までにない感覚の映画鑑賞でした。

町並み・仕草・各俳優の表情、素晴らしかったです。

俳優の配役もそれぞれにイメージを壊すことのないキャスティング。ディズニーってやっぱりすごいなと改めて感心しました。

子ども・大人問わずに夢を壊す事なく、映画でさえも作品の中に引き込む。

ディズニーリゾートに居る感覚と同じです。

小学生の我が子もベルが大好きでポップコーンを食べる事も忘れるくらいに映画に集中していました。

実写化された分、リアルに受け止めてしまったようで最後の方のガストンと野獣のシーンでは若干心が痛んだそうです。

ですが小学生でも、あらゆるシーンの美しさ・小道具の細やかさには気付いたようで映画を観た日は娘共々、話が尽きる事なく楽しい日になりました。

また観に行きたいと言われていますし、私自身も改めて回想しながらまた別の見方をしたいと思っています。

友人ももう一度観に行くと言った理由が今ではよく分かります。

フィッシュマンの涙の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

ではでは、フィッシュマンの涙の感想とほかのオススメ作品の紹介でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする