【賛否両論】ゼロから始める魔法の書1話は退屈?でも…

ゼロから始める魔法の書1話を観た人の感想

ゼロから始める魔法の書、1話だけでもう世界に引き込まれた。続ききになる〜〜

王道な感じのファンタジーかな?

魔術と魔法で契約体系が違っていたりなかなか凝った感じの世界観な気がする。

ただ、主人公二人とも1話にしてはドラマがないね…ケモ傭兵の回想もあまり今と関わりなさそうだし…

魔女と500年?戦争してる割に、すんなり話進んだり

1話目のショタ主人公でアニメ見続けるの決めたけどラノベ原作アニメって1話目にショタ主人公出ることが多い気がする
引用元:https://www.yahoo.co.jp

なんだかソソりますね・・・!ゴクリ

ゼロから始める魔法の書1話をまだ観てない方はこちらへ

「まだゼロから始める魔法の書1話を観れてない!」
という方は、こちらをチェックしてみると良いですよ~
今なら無料ですぐにみれるはずです(終わってたらスミマセン汗)
ゼロから始める魔法の書1話の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

ゼロから始める魔法の書1話の気になる関連記事をピックアップ!

この記事なんかどうでしょ?
読んでいて興味深い気持ちになりました!
ついでにどうぞ。
ゼロから始める魔法の書1話の関連記事はこちら

ゼロから始める魔法の書1話のほかにオススメな作品

■リリイシュシュのすべて

リリイシュシュのすべては岩井俊二監督が撮った、2001年に公開された映画です。

この映画を観たのはだいぶ前ですが、その印象は鮮明に残っています。

大まかな内容としては10代の学生たちの青春群像劇です。

まず、フィルムカメラで撮られたような淡く、幻想的な映像が美しいです。

光の使い方や風景一つでも感傷的に映され、ただ映像を眺めているだけでも見とれてしまうような魅力があります。

それに対し、映画のストーリーは比較的明るかった序盤に比べ、中盤から後半はいじめや自殺といった重い内容にさしかかってきます。

その映像美と重く悲しい話の対比が不思議な世界観を表しています。

いじめの描写は結構生々しい場面もあるため、人によって大きく好みの分かれる作品だと思います。

私はこの映画を観たとき、ちょうど10代だったのもあり、とても強い印象を残されました。

劇中歌で歌手として登場するリリイシュシュは実際に「呼吸」というアルバムをリリースしており、こちらも素晴らしい内容になっています。

ゼロから始める魔法の書1話の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

ではでは、ゼロから始める魔法の書1話の感想とほかのオススメ作品の紹介でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする