【賛否両論】あやしい彼女は退屈?でも…

あやしい彼女を観た人の感想

写真館で写真を撮ってもらったら……!とにかく多部未華子ちゃんが演技も歌唱力も凄い!昭和スタイルも見所かな。

韓国映画のリメイクというよりも、かなり出来のいいアイドル映画と言った方がいいかもしれない。

主演の多部未華子さんは、NHKの連続テレビ小説『つばさ』のころからのファンで、映画もテレビドラマもけっこう見ている。

一番好きなのは『君に届け』。

原作とだいぶ違うらしく、あまり評価は高くないけど、すごく面白かった。

元の韓国版の映画は見ていないけど、日本版は多部さんありきの企画だと思う。

好きな点

・メッセージに圧倒的にグッと来てしまった。”若いうちにしか出来ない事をやっておくべき。若いうちにしか許されないことを、若いうちにしっかり経験しておくべき”個人的にはこう受け取った。身につまされる思い。斜に構えて距離を置くのもいいが、年齢に応じたこういうスタンスも、ある意味真面目に生きることだと思う。とかそんなこと考えるきっかけを作ってくれただけでも、存在意義のある作品だと思う。映画ってこういうことだよな。
・「悲しくてやりきれない」のシーンは秀逸。ただ、「オトナ帝国」とかの類似シーンを、いかにも良い形で模範しています!みたいな製作者側の雰囲気も感じて、少し冷めたのも事実。特に米投げつけられるのって、いかにも過ぎて何とも…。でも、元の楽曲の良さと田部さんの美声も相まって、良い時間だった。

好きじゃない点

・役者群の芝居がテレビドラマ的で、安すぎる。
・キャラクターがステレオタイプすぎる。全然活きている感じがしない。中学生の描いた漫画みたいなキャラクターたち。
・コメディでもリアリティは必要だと思う。展開に矛盾ありすぎて、あまりに印象が軽すぎる。ご都合主義展開ばかり。
・音楽プロデューサー要潤が審査にうんざりしているダメバンドらも、原石発見した!となる田部さんのバンドも、たいして変わらないよ。ある意味音楽映画なのに、良い音楽が劇中流れない。「悲しくてやりきれない」のみ。
・「ローマの休日」パロディは何とも言えない出来。
・最後田部さんが消えてるの意味不明。
引用元:https://www.yahoo.co.jp

なんだかソソりますね・・・!ゴクリ

あやしい彼女をまだ観てない方はこちらへ

「まだあやしい彼女を観れてない!」
という方は、こちらをチェックしてみると良いですよ~
今なら無料ですぐにみれるはずです(終わってたらスミマセン汗)
あやしい彼女の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

あやしい彼女の気になる関連記事をピックアップ!

この記事なんかどうでしょ?
読んでいて興味深い気持ちになりました!
ついでにどうぞ。
あやしい彼女の関連記事はこちら

あやしい彼女のほかにオススメな作品

■名探偵コナンから紅のラブレター

から紅のラブレターは、ここ近年のコナン映画の中でも特に面白かったです。

出演するキャラクターが絞られていたので、コナン・平次・和葉の3人がメインになっていて、シンプルでよかったです。

また平次と和葉の原作でのエピソードや、昔の映画のオマージュのようなシーンがあって、昔からのコナンファンとして見どころ満載で楽しめました。

話も百人一首と絡めていて、映像も綺麗で、京都ならではの話で良かったです。

毎回いるゲスト声優の方の1人が、あまりに下手で話が入ってこなかったです。

コナンの映画お決まりのアクションシーンが2回もあり、ちょっとくどいかなと感じました。

コナンといえば倉木麻衣さんですが、今回の曲も映画の世界観にぴったりはまっていました。

色々小ネタもあり繰り返し見たくなる映画でした。

あやしい彼女の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

ではでは、あやしい彼女の感想とほかのオススメ作品の紹介でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする