【前評判通り】高台家の人々のネタバレ感想

高台家の人々を観た人の感想

伝わらなくてもいいことまで伝わってしまうのは辛い。
でもそれこそをもを乗り越えたら真の愛なのかもしれないから。

序盤から中盤は、綾瀬はるかさん演じる木絵の空想が織りなす世界に斎藤工さん演じる光正とともに思わず笑ってしまう、コメディ作品。(木絵の空想に思わず笑みをこぼしてしまう光正。2人の関係が微笑ましく、心温まる。)

中盤から終盤は、愛した人がテレパスであったことに苦しむ木絵、テレパス故に浩平を愛する気持ちに気づけなかった茂子、テレパス故に兄を慕う純の気持ちを知りつつ自らの想いに素直になれない和正。

それぞれのヒューマンストーリーが展開される。

個人的には、大好きな作品であったが、高台家の人々が「テレパス」であることを除けばありふれたラブコメディ作品であることは間違えないし、ヒューマンストーリーとしての展開の仕方も単調である。

祖母が祖父を追って日本に来たように、木絵が光正を追って英国に来て「呼んだ?」と語りかけるオチは、後味が良かったし、ラブコメディとして(コメディ要素の方が若干強いが)底値が高い作品といえるだろう。

気持ちを読まれるって辛い❔
それとも話さないですむからラクなのかなー

ばか弟くんと、意地っ張り妹の物語のが気になった❗
引用元:https://www.yahoo.co.jp

なんだかソソりますね・・・!ゴクリ

高台家の人々をまだ観てない方はこちらへ

「まだ高台家の人々を観れてない!」
という方は、こちらをチェックしてみると良いですよ~
今なら無料ですぐにみれるはずです(終わってたらスミマセン汗)
高台家の人々の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

高台家の人々の気になる関連記事をピックアップ!

この記事なんかどうでしょ?
読んでいて興味深い気持ちになりました!
ついでにどうぞ。
高台家の人々の関連記事はこちら

高台家の人々のほかにオススメな作品

■告白

私の好きな映画は、湊かなえさん原作の告白です。

松たか子さんの一人語りから映画は始まります。

この映画を観た感想は、一言で言うと衝撃です。

イヤミスの女王らしい重い救いのないような話ですが、楽しい明るいだけを描いた映画よりも、人間の裏側や汚ない部分をえぐり出したようなこの映画がわたしはとても好きです。

子どもを持つ母親としても、子どもを殺された苦しみや絶望、憎しみなどは想像するだけでも辛く共感してしまいますが、そこからの復讐がすごいです。

犯人がみんなにいじめられるように仕向け、教師も操り更に状況をわざと悪化させるなどすごいな、怖いなあと思いますが、最後にはそこにも少し更生の余地を残しているような愛情も感じられます。

衝撃的で命の大切さを感じられる作品、是非観て欲しいと思います。

高台家の人々の動画配信サービス(無料)はこちら!※違法ではありません

ではでは、高台家の人々の感想とほかのオススメ作品の紹介でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする