映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」を動画でフル視聴!

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」はどこ~~~!?

YouTubeデイリーモーション

パンドラAniTube

どれも探しても見つからない~~~!

そんなときは、やっぱ大手のTSUTAYAディスカスが最後の砦ですね(*^^*)

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」|無料配信

それに違法の無料アップロードサイトは危険がいっぱいです。

下手したら罰則もあるので、あまり堂々と楽しむのには不向き…

だから無料キャンペーンのうちに、大手TSUTAYAの宅配&動画配信サービスを使うのがベストです。

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」無料

もう映画クラスタのあいだでは当たり前になってきていますけど、まだの方はぜひ試しみてくださいね。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

ホントに映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」は面白い?レビューを集めました

苦手
同じ時代を生きている人が作ったとは思えないくらい普通の映画でした。ずっとおばあさんみたいだから幾つの設定なのかよくわからないし、終始うじうじしてて高潔ぶっててイライラする。性への怖れと憧れが仄めかされてはいるが、面白みがない。彼女の孤独が寂しい人のように描かれていて残念だ。孤独はむしろ自由を与えたのでは?
若い頃のシーンは活き活きとしていて、皮肉が効いててよかった。
夜中にひとり詩を書くことすら許可を得なくてはいけない人生を思うと胸が痛む。
タイトル(原題)通りの作品でした。面白い。
南北戦争時代のアメリカ富裕層で詩人のお話となれば、静かなのは察しがつくが、その内に秘めた情熱を文章に詩作としてぶつけたといったところも予想通り。しかし、主人公の高潔且つ頑なな精神は、詩作に吐き出すにとどまらず、周囲の相手にも直接辛辣に突き刺しまくり、とても“静かなる情熱”では終わらない激しさ。
しかし、さして大事件が起こるわけばないながらも、人との出会いと別れの積み重ねを案外劇的に丁寧に描く事で、何十年という月日を、本人の詩をナレーション代わりにふんだんに観せたに過ぎないが、それでも飽きる事がない作りだ。

演出、美術、蝋燭の灯や自然光が美しい撮影など、観るべきところも多いが、演技もそれに負けていない。およそ当人とは似ていないシンシア・ニクソンの演技も、かなりの難役だったろうが、口論の際の金切り声がやや一本調子気味だが、それでも充分な熱演は伝わる。詩の味わいも映像を引き立てているところもなかなか感心した。しかし、やはり後に残るものが足らないのも残念な点で、まず面白く観たが、実在の人物を忠実に描こうとするあまり、人物に魅力が足らないと共倒れだ。まずはタイトル通りの作品ではあった。

認められなくても
私は詩人であり、私は詩を書く。しかし、未明の詩作に父の許可を得たり、友人と弟のロマンスを許せなかったりするあたりには、時代の中に生きていた人を感じた。
南北戦争の頃の北東アメリカは、まさに清教徒の国だった。お茶さえ贅沢だからか、拒絶する牧師夫人の頑なさに、社会の狭すぎる了見を感じた。
エミリ・ディキンソンの詩は、魂の自由を静かに語るが、それを演技で見せるのは至難の技だ。所々の詩の朗読が良かったが、彼女の手稿などもあればもっと興味を引く映画になったと思う。
伝記映画と割り切って
アメリカのある犯罪ドラマの冒頭とエンディングで、古今東西の有名人の言葉や詩が引用されるんですが、そこでエミリ・ディキンソンの詩を初めて聞いたとき、詩に興味のない私の心にディキンソンの詩の言葉がグッと入ってきて自分でもびっくりしたのがエミリ・ディキンソンとの出会い。「こんな詩を書く人ってどんな人なんだろう?」と思っていたのだが、映画を見て、内面はこんなに激しい人だったのね、と認識を新たにした。
映画を見る前に、彼女の詩を何編かでも読むことをお勧めします。ディキンソンの予備知識なしに見ると、いつも家族で口論しあって意外にうるさい(笑)シーンが多くて、映画のエンタテインメント性だけを期待していくと裏切られると思う。

容姿に自信がなく異性から疎まれるのではないかという恐怖感、心を許した親友が先に結婚して離れていくときの喪失感や自分を愛してくれた伴侶や叔父叔母や両親に先立たれた時の心にぽっかり穴が空いて立ち上がれないほどの喪失感など人生の様々な喪失感は誰でも覚えがあるだろう。その自分の喪失経験を映画に重ねながら見ると、共感できるシーンが多々あるかと思う。
ディキンソンが生きた時代は、今みたいに様々な生き方ハウツー本なんてなかったわけだし、キリスト教のガチガチの教義に基づく信仰しか道しるべはなかった。そんな中で、彼女が信仰に対してあえて反抗的にふるまったのは、彼女の悩みが信仰だけでは解決できないことを知っていたからであり、ガチガチ教義の支配下にあるような生活の中で、信仰に頼らず自分の内面から力を引き出そうともがいた結果があの詩の数々だということを映画を見て認識した。
映画は、あくまで伝記映画と割り切って見る方が良いでしょう。
現代の照明を使わず、当時と同じロウソクやランプの光のみで撮影された(ように見える)映像の美しさ、衣装や室内インテリアなどは一見の価値ありかと思います。

孤独な魂を支え続けた勇気
19世紀のアメリカは、まだまだ英国文化が色濃く残っており、話す言葉もアメリカンスラングではなく、クイーンズイングリッシュに近かったと考えられる。言葉は思想や情緒、風俗に大きな影響を及ぼす。従って当時のアメリカ人の価値観は英国式の古臭い道徳の範疇から逸脱することはなかっただろう。本作品は、そんな窮屈な倫理観に凝り固まった社会にあって、断固として精神の自由を貫こうとした孤高の詩人の物語である。キリスト教の価値観から1ミリも抜け出すことのない周囲の人間たちとは、当然いさかいを起こすことになる。

金持ちの家に生まれたから働かないで一生詩を書いて暮らせたのか、それとも当時は女性が働くことはなかったのか、そのあたりは不明だが、経済的環境は恵まれていたようだ。しかし金持ちは現状の社会体制が継続するのを望むはずで、同時代の価値観を疑わない傾向にある。にもかかわらずエミリが時にはキリスト教の価値観さえも相対化してしまう自由な精神を維持しえたのは、おそらく幼いころに獲得したであろう自信と勇気の賜物である。
映画の冒頭から、シスターによって同調圧力に従うかどうかを試されるシーンがある。あたかも踏み絵のようだ。エミリは自分の真実の声に従って対応する。この行動のシーンにより、観客は主人公が若いころから勇気ある女性であったことがわかる。そしてその勇気が、詩人を一生支え続けることになる。

イギリスの詩人、W.H.オーデンは「小説家」という詩の中で、詩人について、次のように書いている。
『彼等は雷電のようにわれらを驚愕し、または夭折し、または長い孤独に生きのびる。(深瀬基寛 訳)』
若いころに女学校のシスターを驚愕せしめたエミリ・ディキンスンもまた、長い孤独に生きのびた詩人であった。

引用:映画.com

なんともザワザワ・・・

まだ観ていない方は要チェックです。

TSUTAYAディスカスなら、ほかの作品やジャンル、つまり品揃えが抜群にイイですよ~!

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」|フル高画質

圧倒的オススメ。

私も無料から始まり、今やヘビーユーザーです(*´∀`)


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

コスパ抜群!こんなサービス欲しかったです

TSUTAYAディスカスは、近くに店舗がないときに利用するのに最適です。

私は、車を持っていません。

だから電車を乗り継いで店舗にいかなければならないのですが、往復の電車賃で1000円超えてしまいます。

それならTSUTAYAディスカスで郵送してもらえばいいや、と思いサービス利用に至りました。

交通費でDVD借りれてしまいますから。

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」|無料ダウンロード

無料でいいの?と思ったけど・・・

あるプランであれば、初回月は無料というオススメポイントもあります。

ついでにTポイントも貯まるので、貯まったポイントで自分にも還元されます!

もし満足いかなければ、無料のお試し期間中に解約すれば、お金がかからないという嬉しいサービスもあります。

まぁ私の場合は、やっぱり面白くてず~~~っと継続してますけどね。

さすがTSUTAYA…自信があるから最初は無料でいいわけですね。

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」DVDレンタル

ご自身の生活にあわせた使い方でOK

観たい映画を何本か定額リストに入れておくと、借りれるものから郵送されてくるので、家にいても自分が観たい映画を見れるという最高のサービスです。

ポストに投函されるので、家に不在のときでも受け取れますし、見終わったらすぐにポストに投函でまた新しい映画が送られてくるので、とても便利です。

仕事をしていると、週末外にでるのが億劫になるような性格の人には、うってつけだと思います。

プランもあって、月々4本までのプランか、動画配信も見放題で映画も借り放題のプランになります。

映画を観る時間がそんなにないのであれば、前者で十分ですが、家で時間を持て余しているような場合であれば、後者のプランがオススメです。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!

子どもが夢中になる平和な休日

私の場合は、子どももいます。

子どもが観たい映画をピックアップして、届けてもらったりもするので、映画をみて大人しくしてくれているので、平和な休日が過ごせます。

パソコンがなくても、動画配信であればスマホやタブレットから観ることが出来ますので、車移動でぐずりそうなときでも、チャイルドシートに座ってみせておけば、大人しくみていてくれるので、助かります。

毎日が少しでも刺激的になりますように

ヒトというのは、「他人がした経験も、自分のチカラにすることができる」らしいです。

だから映画で、未知の刺激をもらうことは、きっと脳にも良いはず。

毎日の生活にもメリハリがでてきます。

いざというときは、すぐに解約もネット上で出来るので、どこかに出かけていって手続きする必要もなく、便利です。

以上、「映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」を動画でフル視聴!」でした!

まずは無料で試してみると、どんな感じか分かると思います。


ツタヤの映像サービス借り放題・見放題!30日間0円!